Question  

             

リモートデスクトップ接続先でシナリオを実行しようと思っています。何か注意点はありますか?

           
                         
 

Answer    

               

リモートデスクトップ画面が以下の状態になると、ウィンドウ識別を使用するノードでエラーが発生する可能性があります。

  • リモート接続先画面を最小化する
  • リモート接続先画面をロックする
  • リモートデスクトップ接続を切断する
  • リモート接続元PCをシャットダウンする

※リモート接続元PCがWindows10の場合、リモート接続元画面をロックすることで同様のエラーが発生する可能性があります。

<対応策>

  • リモート接続元の画面ロック・スクリーンセーバーを解除する
  • リモート接続元PCのレジストリ設定を行う

設定用バッチファイルも用意していますので、ご入用でしたらお問い合わせください。


【レジストリ設定】

    1. ユーザ単位で設定を有効にする場合
      レジストリキー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Terminal Server Client
      レジストリ値: RemoteDesktop_SuppressWhenMinimized
      レジストリの型: REG_DWORD
      値: 2 (無効)
    2. コンピュータ単位で設定を有効にする場合
      レジストリキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Terminal Server Client
      レジストリ値: RemoteDesktop_SuppressWhenMinimized
      レジストリの型: REG_DWORD
      値: 2 (無効)

※1、2のレジストリ両方が有効な場合、1が優先される。

設定を反映させるため、レジストリの設定後にリモートデスクトップクライアントを再起動してください。

※注意事項:
レジストリの編集を行う際は、事前にバックアップを作成することを推奨します。
レジストリの編集は、お客様の責任で行って頂くようお願い致します。本作業に
よって 生じた如何なる問題に対しても補償致しかねます。

この情報は役に立ちましたか?

             
                         
       

WinActorに関するお問い合わせや30日間の無料ライセンス申込みに関しては
下記ボタンよりお受け付けしております。

問い合わせる

30日間無料体験版申込み